不眠症とカフェイン不眠症とカフェイン

不眠症にはカフェインがいけないというのは、よく知られていると思うのですが調べてみるとカフェインって色々なものに入っていて知らず知らずに摂っていることがあるみたいなのです。

例えば、好きなブラックチョコレートにも結構入っているみたいなのです。
普通のチョコレートにも入っているし、ココアにも入っているようです。
ほうじ茶なんて、病院でも出るぐらいなのでカフェインが全く入っていないのかと思っていたのですが、実際は入っているようです。

コーヒーにはもちろんカフェインが入っているのは、誰でもしっていると思いますが、ノンカフェインコーヒーにも微量に含まれているのです。

コーラや栄養ドリンクにも入っているものがあるので注意が必要です。
チョコ味やお茶味のお菓子にもカフェインが入っている場合もあります。
厳密に考えると、予想外の色々なものにカフェインが入っているのがわかります。

飲み物は水が一番安心できると思います。
牛乳などもいいですが、ミルクココアや抹茶ラテやカフェラテにもカフェインがもちろん入っています。
眠気覚まし用のガムなど何気なく食べてしまうものにもカフェインが入っていることがあるので、しっかり確かめてから飲食した方がいいですね。

寝付けが良くなるように心掛けているこを紹介します。

私が夜寝る時に、すぐに眠れるように心がけていることを書いていきます。
まず、私は寝る前にはコーヒーを飲まないように気をつけています。就寝の数時間前、具体的に言えば3、4時間前からは絶対飲まないようにしているます。

周知な事実ではありますが、コーヒーにはカフェインがふんだんに含まれています。それにより身体が興奮し、覚醒してしまうのです。

コーヒーを飲んだ後、眠れなくなった経験は誰でもお持ちかと思われます。
特に、その傾向は、普段コーヒーをあまり口にしない人に顕著に現れているようです。

コーヒーを日頃から飲んでいる人は、身体に耐性が出来ているため、少々のカフェインを取り込もうとも、普通に寝れてしまうのです。しかし、飲む習慣のない人は、日頃では味わうことのない強い刺激の為に、眼が冴えてしまいます。

なので、あまり飲む癖のない人ほど、就寝前のコーヒーは控えてください。
ちなみに、緑茶などのお茶類のほうが含まれるカフェインの量は多いそうです。
なので、お茶を飲んで目が冴えた経験を持っているかたもいるかと思われます。
寝る前に、飲むとするならば水が良いかと思います。

しかし、別に喉が乾いていないなら何も飲まないのがベストです。

また不眠症改善サプリメントを飲むのも1つの手です。

おすすめのサプリメント→